映画いろいろ。

映画の感想文。何となく目に止まった作品を、何となく観始めるのが好き。

邦画『王様とボク』 大人になんかなりたくない

6歳の時に事故で意識不明になったモリオ。
友達のミキヒコとトモナリは、この悲しみを思い出さないように生きていた。


ところが12年経った今、奇跡的にモリオの意識が回復し、ミキヒコは病院を訪ねることに。

しかし、モリオの体は18歳に成長していたが、心は6歳のままだった。



Amazonリンク




あらすじを読んだ時、12年眠り続けた時差を持つ人間関係が描かれるのかと思いましたが、見てみるとかなり抽象的でした。
むしろ焦点をあてるのはその眠り続けていたことに対してではなく、“大人”と“子ども”という概念。



ミキヒコ達は18歳。
何もない平凡な毎日をつまらないと感じたり、不安に感じたり。

このままでいたいけれど、しかし時は確実に流れていく。

大人になんてなりたくないと、葛藤しています。



そんな時に、まるで子どものままタイムスリップしてきたかのようなモリオの存在。
子どものままでいたいと思うミキヒコの象徴のようになるんです。




ミキヒコの彼女キエも協力しているように見えて、でも本心は“友達の目覚め”というより退屈な日々に起こったイベントの一つに過ぎないように思えたし、
トモナリはいつも冷めているけど、本当はモリオのことを忘れたフリをして悲しみを乗り越えてきたから、内心は物凄く動揺していたり。

映画自体はとてもふわっとしたものなんですが、登場人物の心理描写は非常にリアルなんですよね。


私も同じくらいの年の頃を思い出して切なかった。というか、何なら今の私でも“大人って何だ”という気持ちに共感しました。

子どもから大人への境界線なんて明確に分かるものじゃないから、分からないことへの不安なのかな。
(成人したら大人なんだよってツッコミは無しで)


ミキヒコ達は大人になることに抵抗して現実逃避しているけど、途中出てきた小学生達はよく大人を分析していて説得力があった。



だけど最後はどう解釈したら良いものか悩みますなぁ。
この映画は正体がわからない“大人”という不安を描いたものだから、ハッキリした答えを出す必要もないのかも。



洋画『40男のバージンロード』 大人になってからの友達作り

恋愛至上主義で、恋人のゾーイに尽くしてきたピーター。
しかしプロポーズをした後、自分には結婚式でベストマン(介添人)を頼める友人がいないことに気付く。


ゾーイが友達から「同性の友達がいない男は“濡れ落ち葉”になる」と忠告されているのを聞いてしまい、ピーターは慌てて友達探しを始める。




Amazonリンク



私も誰とでも仲良くなれるタイプではないので、ピーターの気持ちに凄く共感できました。

女性陣の濡れ落ち葉発言には「仲良しカップルなんだから良いじゃないか!」と言いたくなってしまいますが、でも人間関係に問題を抱えているのかもと心配されてしまうのも仕方ないのかな。
それにこの言葉をきっかけに友達探しをできたことは、結果的にとてもプラスになったんだろうなぁと思います。



ピーターは自信のなさから、人に対してかなり遠慮しい。
自分の素を出すのも得意でなくて、もはや素の自分て何だ?という人だったんですよ。


そこへ仕事の関係で出会ったシドニー
シドニーはめちゃめちゃ天真爛漫で楽天家。

ガチガチだったピーターを自分の殻から解放させます。
シドニーと一緒にいると、たちまち笑顔が増えていくんですよ。

こういう出会いって本当に宝だとしみじみ。



けれど出会ったばかりのピーターとシドニーの関係は本当に友達なのか、上辺だけの付き合いなのか、それとも“依存”なのか。
もしくは騙されているのかも…。

きれいに男の友情が描かれるストーリーのようで、でも平坦なものではないんですよね。



あとピーターに友達がいなかったのは、ピーターに原因があるというよりは、たまたま周りに気の合う人がいなかったんじゃないかとも感じました。
友達候補として登場した人達は極端な人が多くて、ちゃんと自分と波長が合う人となら親しくなれていましたし。


「友達がいないなんて普通じゃない、いないなら作れ」という風潮があるなら、そんなの個人のペースで良いじゃない?と思いますしね。


お下品で汚いシーンも多くてどんな物語になるかと思いましたが、登場人物それぞれの立場があって奥が深い映画だと感じました。



Amazonリンク

アニメ『コララインとボタンの魔女』 独りぼっちの女の子がみつけた夢の世界。

ピンクパレスアパートに引っ越してきたばかりのコラライン。

園芸雑誌のライターをしている両親は仕事が忙しくてコララインに構う時間もなく、料理もまともに作らない。


つまらない毎日の中で、コララインは家に小さなドアを見つける。
そのドアの向こうは、別のパパと別のママがいる理想の世界だった。



Amazonリンク


不気味なようで可愛らしさもあるような、ヘンリー・セリック監督独特の世界観。

ストップモーションアニメなのが凄いですよね~。
良い意味で一つ一つ人の手で作られた歪さと味が出ていながら、動きが滑らか過ぎて本当にストップモーションなのかと目を疑ってしまう技術の高さ。
好きな人はめちゃめちゃ惹き込まれると思います。



いやでも虫が苦手だからキツいシーンも結構ありました(´Д`;)

コララインは11歳の女の子なんですが、ウジ虫みたいなのを素手で潰しちゃえるんですか!?蚊ならまだしもですよ。
無頓着な子という感じもないし、潰れた虫を気持ち悪がっているから耐性のある子って訳でもないし、何を意味するシーンだったんだろ。
コララインのメンタルに不安を抱くシーンだったことは間違いない…。



ドアの向こうの世界には、優しくて楽しくて美味しいご飯も用意してくれる別のパパとママがいます。

こちらの世界の住人は皆、ボタンの目をしたお人形。
淋しい思いをしている子どもをご馳走やプレゼントなどでおびき寄せ、懐いたところで自分のモノにしてしまおうという魔女の世界だったんです。


コララインは何とか脱出しますが、今度は引き換えに両親が捕まってしまいます。



この作品で私が引っかかったのは、あんなに怖い思いをして両親を助けに行ったのに、現実に戻ると両親はそれを知らないということ。
これもコララインを連れ込むための魔女の罠で、実際は両親は捕まってなかったのかなぁ。



この物語は子どもに向けた“うまい話には裏がある”という教訓だという解説を見かけましたが、コララインに関しては親がもう少し気にかけていれば魔女の世界に迷い込むこともなかったんじゃないかと思うんですよ。

魔女に捕まったことで両親が改心して家族愛が深まるお話なのかと思ったのに、コララインが一方的に可哀想じゃないですか?
児童文学ってそういうものなのかなぁ。


私はむしろ、
子どもの為にも仕事は大事だけれど、子ども本人のこともきちんと見ていなければ取り返しがつかなくなる、
という親への警鐘でもあると思いましたね。



楽天リンク

洋画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』 正直、度胸試しなんて要らないと思う

あなたは挑戦者か、視聴者か。

ネットで流行しているゲーム「NERVE」
プレイヤーは視聴者から出された指令に挑戦し、クリアすると報酬が振り込まれる。

いつも引っ込み思案なヴィーは、親友に“冒険も必要”とけしかけられてNERVEに挑戦者登録。
参加は一度だけのつもりだったが、多くの視聴者を集めたことでゲームの深みに填まっていく。



Amazonリンク



NERVEは言ってしまえば、迷惑系または炎上系YouTuberがやりそうな、過激なことをやらかしてどれだけ注目を集められるかというゲームなんです。


人に迷惑をかけず、危険もない内容ならちょっとした遊び心で済むかもしれませんが、NERVEからの課題は命がいくつあっても足りないような難題も多くて(゚д゚)

目隠しをしてバイクで時速96kmを出すとか、線路に横たわって電車の下をすり抜けるとか、窓から窓へ渡した梯子を歩くとか。(カイジか)


こういう危険な行為ってアクション映画のワンシーンだったらエンターテイメントになるかもしれないけど、それって訓練された人達の技術で作られたものだから成り立っているんですよね。
現実に素人が無茶な撮影をしようとして亡くなった人がいましたし、スタントでもない人がやるなんて恐ろしいだけなのにorz



でもそれがネットの匿名性と集団心理によって麻痺してしまって、どんどん煽りもエスカレートしていくのがこのゲームの怖いところ。

自分に集まっている注目が期待や応援などのプラスなものでなく、蔑視されていることに気づけないと自分の身を滅ぼしかねないですよ。



しかしこういうことが良くないと思う人は最初からしないし、面白いと思う人は何を言われても面白いままなんじゃないですかね。
最後のシーン、私はそう受け取っちゃいました。


それにしても、心臓に悪いシーンが多かったー(;´∀`)

邦画『悪夢のエレベーター』 どこで真実を見抜けるか

マンションのエレベーターが故障し、乗っていた4人は閉じこめられてしまった。

小川順は妻の出産に立ち会うため一刻も早くここから出たいのだが、外に助けを求めるも非常ボタンは反応がなく、携帯電話も電池切れ。
乗り合わせた者にも協力を求めるが、彼らの言動に違和感を覚える。



Amazonリンク


だからグロ表現があるなら先に言ってくださいってー!
唐突に来たじゃないですかー(>д<)
一部シーンでしたが、苦手な人は要注意ですよ。


でもストーリー構成が面白かったから感想書きます。(ゲンキン)




エレベーター内で閉じ込められた人達の話を聞いていると、わりと最初の方から違和感があります。


これから妻の出産に立ち会う人
これからジョギングへ行く人
これから空き巣に入る人
これから屋上から飛び降りようとしている人


あれれ~おかしいぞ~と。

この段階の矛盾に気付いた人も「なんだその程度か」と終わってはいけません(笑)
エレベーターの中で繰り広げられるヒューマンコメディかと思いきや、実はとんでもない仕掛けがされたお話だったんですよ。


ミステリーにお洒落さやクールさを求める人には庶民的に感じるかもしれませんが、易しめの難易度でどんでん返しを楽しめる面白い映画ですね。


それこそ謎解き上級者さんはどの段階で真実に気が付けるのか、わたし、気になります



この作品、コメディカテゴリで見つけたんですよ。
笑える映画を探していて、内野聖陽さんや斎藤工さんの名前にも「おっ」となったし、サムネイルも良い意味で気の抜けた感じがあったので。


確かに最初の方はコントかと思うような軽快なノリでしたが、予想を遥かに裏切った内容でしたね。
結構ダークなので気分は晴れないかもしれないけど、このどんでん返しにやられた感は嫌いじゃないです。


ただグロシーンが目に焼き付いちゃって…夢に出てきませんように(T人T)



Amazonリンク