映画いろいろ。

映画の感想文。何となく目に止まった作品を、何となく観始めるのが好き。

洋画『パッセンジャーズ』 切ない現実

飛行機の墜落事故があり、セラピストのクレアは被害者のケアにあたっていた。

しかし、患者の証言と航空会社の証言には相違が。
そして事件の真相に近づくたびに患者は一人、また一人と失踪。
クレアは航空会社が過失を隠すために口封じしていると疑い、事故の真相を探る。



Amazonリンク(吹替版)



墜落事故の物語に対して“面白い”という言葉を使うのは抵抗感がありますが、散りばめられた伏線が繋がっていくと「そういうことだったのかー!」と衝撃を受けました。


これはこれは見た人と感想を話したくなる映画ですね~。
あなたは最初、どこに目をつけましたか?と。


言っちゃえば序盤から違和感はかなりあるんですよ。
むしろ違和感しかない。
なんなら展開が読めてる部分もありました。(キリッ)



私は登場人物の関係性が説明されないことに引っかかったんですよね。
患者として接している人以外の人達。
あなた方は一体…?上司?大家さん?
と言うかどこから来たの?

おっとこれ以上は…(゚д゚)






オープニング曲はミステリアスで不安を覚えるような雰囲気だったのが、エンディングは穏やかで心が清らかになるような曲なのが深いですね。
この頃にはボロボロ泣いてましたけど(TДT)

私、人と人の結び付きを描いた物語に弱いんですよ。



クレアには喧嘩して疎遠になっているお姉さんがいるんですが、でも本当はとても尊敬していて大好きなお姉さんなんです。
このお姉さんへの気持ちが正直に言えた場面で、ブワッと涙腺が緩みました。



そして被害者の一人であるエリック。
アナタはなんと男前なんだ!!
吊り橋理論ってやつもあるでしょうけど、まずピンチに陥っても人を励ませる時点で頼りになりますからね。
勘違いや錯覚的な効果だけでなく、その状況によって人柄を引き出すんじゃないかと思いますよ。
クレアもエリックがそばに居てくれたら、きっと寂しくないでしょう。

真相が分かってから振り返ると、エリックだけ自宅での個人カウンセリングを希望したことに意味を感じますな。
あぁ…もっと違う所で出会えていれば…(TдT)




サスペンスだと構えて見始めましたが、こんなに切ない気持ちになるとは思ってなかった。
でも好きですね~こういうお話。



Amazonリンク(字幕版)

洋画『リトル・ミス・サンシャイン』 やらない後悔より、やる後悔

憧れの美少女コンテスト、『ミス・サンシャイン』の出場権を手にしたオリーヴ。

しかし諸事情により、会場へは今にも壊れそうなオンボロのミニバスで、家族全員で向かうことに。

案の定、旅が始まって間もなく車のクラッチが故障。
オリーヴが夢の舞台に立つことはできるのか。



Amazonリンク



オリーヴの家族がこれまた複雑。
おじいちゃんのエドウィンは老人ホームでヘロインをやって強制退去。
伯父のフランクは自殺未遂をして療養中。
兄ドウェーンはテストパイロットを目指していて、空軍士官学校に入るまで“沈黙の誓い”を立てており口が利けない。
父リチャードはライフコーチとしてのプロジェクトを成功させる為、大きな契約交渉をしているところ。

とまぁ、ピリついている訳です。



誰を留守番にすることもできず、「わかった、全員で行こう」となります。



絶対車内の空気悪いじゃん!と分かりきってますが、特にリチャードが酷い。
勝ち組と負け組でしか物事を判断できないタイプで、オリーヴの挑戦にも否定的。
その上「俺はこんな大きな仕事を成功させようとしてるんだ!」と家族を見下してます。

リチャードがもう少し穏やかな人なら、この家族もここまでギクシャクしないような気がする。





でもこのプロジェクトが、旅の途中で頓挫するんですよ。
そこからリチャードの家族との向き合い方が変わります。
エドウィンのこともクソジジイだと思っていたけど、本当は誰よりも家族のことを見ていて、大事なことを教えてくれていたことに気付くんです。




しがらみだと思っていたけれど、実は皆の夢をのせて走っていたミニバス。
800マイルの旅の中で、挫折、再起を経験し、改めてお互いの存在を再認識していくんですよね。


車はクラッチが壊れた為に、家族総出で押して勢いをつけないと走らないのが滑稽なんですが、支え合って前に進み始める家族の姿そのものを表しているんだと気づいて胸を打たれました。




ある意味ホラー映画よりスリラー映画よりハラハラする展開が次々起こりますが、でもほっこりハートウォーミング。

だんだんと、少しずつ家族の笑顔が増えていくのが素敵でした。




楽天リンク

洋画『クローバーフィールド/HAKAISHA』 撮影してる場合じゃないでしょう!?

ロブの栄転を祝うパーティーの最中、突然爆発音が響いた。
外に出ると街は未知の巨大怪物に襲撃されており、人々は軍隊の指示で避難することに。

ロブや仲間も混乱の中移動を始めるが、恋人ベスが「落下物に挟まれて動けなくなっている」と電話で助けを求めてきた。
仲間達に引き止められるロブだが、別れ際に本当の思いを告げられていなかったことを悔やみ、彼女のもとへ向かう。



Amazonリンク




まずストーリーの感想より何より、めちゃくちゃ酔いましたorz

ロブの友人ハッドがホームビデオを撮影していた流れのまま騒動を撮り続けるので、走ったり転倒したりの手ブレもそのまま映画になってるんです。

ドキュメンタリータッチの主観映像だからこそのリアルな戦場を見ることができるんですが、画面酔いしやすい人には別の意味でも地獄。



そして未知の生物の一つにデッカイ蜘蛛みたいなのがいるんですよ。

これがうわーっと画面いっぱいに襲いかかってくるので、虫が苦手な人にもトラウマもんです。
音も妙に気色悪さを極めているし。


ナンナノコレ。途中で何度も心が折れそうになりました。
でも一度再生を始めたら、最後まで見終えたい性分なんです。





とは言えこの精神ダメージがある種の臨場感で、見る側をただの傍観者にしないファクターってやつ。

登場人物と同じようにストレスを感じて、絶望感を味わえますよ( ̄▽ ̄)






この作品、『10 クローバーフィールド・レーン』を見た時にシリーズだと知って見ることにしたんです。

今作の方が先なので、またしても一作目を飛ばして続編から見始めちゃったパターンで慌てました。
でもストーリーが繋がっているものではなかったから問題なし(笑)

よく調べてから見なさいよと言われるかもしれませんが、なるべく事前情報を入れすぎず、先入観なしで見始めたいんですよ~(´Д`)





ストーリーとしては、ロブが最後までベスを諦めないところは良かった。
最初はイマイチ彼女に本気なのか遊びなのか分からない雰囲気だったけど、胸くそ悪い展開にならず命懸けで恋人を想う姿ってのは安心します。
気分は最悪でしたが。



総評:爆撃の中に飛び込むような迫力を味わいたい人、そしてドMな人向け。



楽天リンク

洋画『10 クローバーフィールド・レーン』 本当の世界はどうなってる?

ミシェルは車の衝突事故に遭った後、目を覚ますと見知らぬシェルターの中で拘束されていた。

そこへ自らを命の恩人だという男、ハワードが現れる。
ミシェルは解放するよう要求するが、彼から信じられない言葉が…。





Amazonリンク



ハワードが言うには、外は何者かに襲われて有毒物質に汚染されているから、シェルターから出るのは危険だって止めるんですよ。


でもいきなりそんなこと言われても信じられないじゃないですか。
目が覚めたら閉じ込められてたし。



このハワードの言葉が本当なのか嘘なのか、脱出すべきか従うべきか、狭いシェルターの中で限られた情報から見極めていくストーリーです。




ハワードって男が、ただの命の恩人で良い人って雰囲気じゃないから困っちゃうんですよね。

執拗にミシェルを手懐けようとして、というか避難生活としてではなく家族になろうとしているような感じでゾワッとします。

たしかに本当に外が危機なら一緒にいる時間は長くなるし、お互いの信頼関係は必要だと思いますけどね。
それにしても不自然な関係で、違和感は消えません。





しかしこんな状況ではありますが、癒やしもあります。(※個人の感想)
もう1人一緒にシェルターで生活をする人物がいるんですが、このエメットがとっても良いんですよ!


引用できそうな画像がみつけられなかったのが残念ですが、こんな髭モジャなのにむさ苦しさ皆無で、むしろあどけなさすら感じる可愛い系ハンサムっています??

登場シーンはだらしないキャラなのかと思いましたが、ミシェルに協力的で、恐怖心を和らげてくれる存在。


激推しです(`・_・´)b






映画の前半は「本当なの?嘘なの?」と揺れながら進みますが、後半から一気に流れが変わります。

…もうショック。


でもミシェルも勇敢で格好良かった。
最後の選択には驚いたけれど、おかげで私の思いを晴らしてくれた気がする。うん。




内容ももちろん面白かったけど、エメット役ジョン・ギャラガー・Jrの笑顔の可愛さに共感していただきたいっ。



楽天リンク

洋画『スパイダーウィックの謎』 困った時はハチミツとクラッカー

現実社会に疲れた皆さん、少年たちの夢あふれる冒険ファンタジーでございますよ!




Amazonリンク




双子の兄弟のジャレッドとサイモン、姉のマロリーは母のヘレンに連れられて、森の奥深くにある大伯父の屋敷に引っ越してきます。
ボロボロだし不気味だし、極め付きには窓辺に塩が盛られているという…これ、出るやつやん。


すると予感的中、壁の裏から気配を感じたジャレッドは、物音を追って壁を叩くと隠し部屋を発見。
そこで「決して読んではいけない」と警告が書かれた本を見つけ、思わずを中を見てしまいます。


ジャレッドがみつけた本というのは、80年前に大伯父さんが書いたもの。
好奇心の赴くままに、様々な妖精の生態や魔力についてまとめられていました。
つまり、知らなくて良いことまで知り過ぎちゃったんです。



そのおかげで、本を見てしまったジャレッドもゴブリンから命を狙われるようになっちゃいます。




そしてこの一家なんですが、実は少々(先代も含めたらかなり)複雑な事情があるんです。

恐ろしいゴブリンが攻め込んでくる中、現実はもっと辛い事実があることを知った時のジャレッドの逞しさにぐっと来ました。
まったく、子どもに辛い思いをさせるんじゃないよ!(T_T)




魔法空間に囚われていた大伯父さんはジャレッド達のおかげで娘と再会することができますが、この時二人に笑顔を見せられるジャレッドは本当に大人だと思います。

(このシーンは「リメンバー・ミー」を思い出して泣けました)



CG盛り盛りのファンタジー作品って「アクション映画かな?」というくらい演出が派手なものもありますけど、この作品のCGは自然と調和した感じ。

妖精やブラウニーやゴブリン達も可愛らしくて、絵本を開いたような世界がそこにありました。
中でもブラウニーのシンブルタックは、会ってみたいキャラクターですね。
ぜひ好物のハチミツを用意して。


ジブリの「借りぐらしのアリエッティ」だったり、ディズニーランドのクリッターカントリーみたいな、人間以外の生き物の存在にワクワクする人には楽しい世界観だと思います。




楽天リンク